わっと@暗号通貨

暗号通貨(仮想通貨)や気になった事が書いてある

【NOAHP】非公式「HOLDER'S」テレグラムとは一体何? 前編

新しいNOAHP非公式「HOLDER'S」テレグラムが話題です。

 

何から話したらいいか……

長文なので、覚悟して読んでね!

 

非公式テレグラム「HOLDER'S」の成り立ち

なぜ非公開グループができたのか?

NOAH公式テレグラムの立ち上がり当初、NOAHの価格は暴落真っ只中、多くのクレームが殺到した。

それらのクレームは日本でいう苦情の意味でのクレームだけではなく、権利の請求という意味でのクレームも多くあった。

NOAH公式テレグラムAdmin達は秩序を作る為に多くのBANをした。

言葉の壁もあり、荒らし目的なのか、困っている人なのかも区別をつける事は難しい。

 

Adminに直接対応を求めてプライベートメッセージを送っても、長いこと放置されてNOAH公式テレグラムで訴えるとBANされる。

そんな事もざらだった。

 

わっとの状況と解説

実際俺個人も、三郎(サブラさん)にサポートをしてもらった際、3日間ほど放置を食らった事があり、スタンプを送ってせっついてサポートを再開してもらった事がある。

 

テレグラムの仕組み上、多くのプライベートメッセージが来れば過去のメッセージは埋もれてしまう。

その仕組を理解していればスタンプを送ってサポートを再開してもらう事は容易であるが、相手の状況を推し量って上記のようにサポートを受けられる人は少数だろう。

エアードロップの時もスワップの時もサポートはパンク状態だったに違いない。今でもBTCNEXT不具合の問題でパンクしていることが想像できる。

 

遠距離でもサポートができる反面、問い合わせが多いと埋もれてしまうテレグラム。

サポートがパンク状態だからアクティブな人ほど優先度は高まる。

既読がついたら後は対応待ちすればいいと思えば大間違いだという事は理解いただけただろうか。

埋もれてそのまま放置されないように、度々利用者側からスタンプを送るなどのアクションが必要なのである。

 

言語の壁もあって三郎達が困っている人をテレグラムでサルベージすることは困難だ。

いかにテレグラムサポートを一人漏らさず実行できるかが今後のPLATINUMの課題といえる。

もしサポートのパンク状態が続いているならば、PLATINUMは隠さずに利用者に伝えたほうがいいだろう。

 故に公式で訴える人は続出し、BANが加速した。

 

そこに、NOAH勉強会、非公開NOAH勉強会のグループができあがった。

公式は荒れすぎてまともな情報を得ることができない事からNOAH勉強会が、公式にサポートを訴えてもBANされてしまう深い問題を抱えた人やNOAH財団に不満がある人達の集まる場所として非公開NOAH勉強会が必要とされ作られた。

 

ありとあらゆる障害、不平、不正、全てを捩じ伏せた公式。

非公開NOAH勉強会は公式では言えない事を話し合い、NOAH運営に交渉を開始した。

 

しばらくして、PLATINUMが運営を引き継ぎ、BTCNEXT取引所がオープンした。

最初こそ、ノアホルダー達は顔の見えるPLATINUMに期待をしていたが、NOAH公式は依然NOAH財団が雇用したAdminが管理を続けBANは続いた。

 

ようやく非公開NOAH勉強会の運動により、アントンをNOAH公式テレグラムのAdminに擁立させる事に成功した。

それでも不当なBANは繰り返され、そのたびに非公開グループのメンバーは交渉してBANを解除してもらっていた。

 

時は経ち令和元年10月1日、「スワップ」が実行された。

スワップこそ非公開グループが「HOLDER'S」に名前を変えるきっかけとなる。

 

PLATINUMは先程述べたテレグラムサポートが追いつかない問題の他に、大きく4つの問題を抱えている。

 

PLATINUM大きな4つの問題

  • 隠されたNOAH財団
  • ホルダー全員の強制ロックアップ
  • 発行枚数増加
  • 透明性をうたう不透明な投票

NOAHの情報を集めている人々は、以上の4点を既にご存知だろうが、簡単に説明しよう。

隠されたNOAH財団

顔の見えるPLATINUMとはまるで真逆なNOAH財団。ノアシティがホワイトペーパーから削除され、既にNOAH財団は機能していないのではないか、初期メンバー数名が何事もなかったかのように公式サイトから除名されている、発行枚数の件もあり、詐欺だったのではないかとホルダー達に疑われている。

非公開NOAH勉強会の運動によって公式テレグラムで「NOAH財団は詐欺なのではないか」と大いに訴えられたにも関わらず、PLATINUMは私達の仕事を不満に思うなら辞めますがいかがですか?との返答だった。

なぜ頑なにNOAH財団を隠し続けるのか?

PLATINUMは真っ当な企業であると俺は思うし、何もやましい事がないならすぐに情報を公開すべきではないかとも思う。

結果、ホルダー達は不安を抱える事になった。

 

ホルダー全員の強制ロックアップ

ロックアップとは、長期間ウォレットから引き出せず取引できないようにするシステムだ。

リップルの運営がロックアップするから安心して取引してねと、運営が多く通貨を抱えていたり大口のホルダーがいたりする場合、売却圧を抑えて相場を上げるために使う手法である。

 

非公開勉強会では、スワップ後の発行枚数とロックアップがどうなるかの話で持ち切りだった。

 

ロックアップは大口からロックされて小口はロックされないのではないか?

だったらアカウントは分けて小口にしておいたほうがいいかもしれない。

長期ロックアップ申請したら報酬もらえるのかなぁ。

そんな事ばかり考えていた。

まさかの全員強制ロックアップとはたまげたなぁ。

 

 

発行枚数の増加

NOAHはスワップする際に、バーンした分を戻した。

なぜこのようになってしまったのか?

NOAH財団はプレセール、ICO配当のために用意したリザーブ(準備金)を市場に売却してしまった為、運営保有分さえなくなってしまったのである。

 

非公開NOAH勉強会は、その点をスワップのずっと前から危惧してPLATINUMに訴え続けていた。

運営保有分が市場に流れている事をトランザクションを調べて把握していたからである。

仮想通貨はごまかしがきかない。

イーサリアムトークンはイーサプローラやイーサスキャンで全て監視することができるのだ。

懸念が的中した形になってしまったのである。

 

透明性をうたう不透明な投票

NOAHには投票のシステムが導入された。

NOAHP保有量が多ければ多いほど投票の力は強くなる。

投票は投票者NOAHPの総数の多い方が可決する。

 

そこで問題視されているのが、未だ公開されていない運営保有だ。

現在、PLATINUM保有380億枚とNOAH財団保有150億枚のウォレットアドレスが公開されている。

しかし未だに公開されていないのが、配当やBNXボーナスの200億枚、マーケットメイク用370億枚。

これらの枚数は投票に無視できないレベルの発行枚数であり、全て公開されるべきであろうと思われる。

 

また、投票の直前に投票提案する際の金額が桁違いに増加していた事も非公開グループに問題視されていた。

俺もそれはおかしいと思います!

 

その4つの問題が非公開NOAH勉強会を「HOLDER'S」に変更させた

長きに渡り非公開グループは交渉してきて、そこに追い打ちをかけるように4つの問題がのしかかった。

4つの問題はホルダー達が納得しようとして簡単にできるものではない。

納得できないから改善してほしい、取り繕った理由ではなく本当の理由を詳しく教えてほしい。

交渉は続いたが非公開グループ代表の納得のできる回答は得られなかった。

 

非公開グループは黒幕暴露の件で事を荒立てコミュニティ力を誇示して交渉をしようと試みた。

しかし、PLATINUMのとった行動は、PLATINUMはちゃんと仕事してます!信じて!というものだった。

 

PLATINUMが頑張って日々働いてくれているのは知っている。

毎日日記を更新したり毎週動画をライブ配信したり、国をいったり来たりするのは簡単な事ではない。

PLATINUMを信じたい気持ちと、4つの問題(大体NOAH財団が悪い)がホルダーに葛藤する中、立ち上がったのが非公開NOAH勉強会、今の「HOLDER'S」である。

 

「HOLDER'S」は何をしようとしているか?

目的

上記4つの問題と、様々なサポートの問題の改善。

方法

PLATINUMの手に負えないところまで「HOLDER'S」コミュニティを拡大し、PLATINUMに強制力を持った交渉テーブルを設ける。

「HOLDER'S」は無秩序を作り出し、PLATINUM批判者を増やす事やPLATINUMの信用を落とす行為によってそれを成そうとしている。

わっとが思う問題点

本来の目的であるPLATINUM批判者を増やすよりも、アンチ活動したい人がただのさばっているだけになっている。

PLATINUM擁護派が入ればPLATINUMの信用を落とすよりも先に人格批判、個人的攻撃などの行為が横行していた。

建設的な議論ができるとワクワクしてノアホルダーが入ると、そこは大っきらいなアンチが好き勝手に発言しているのだ。

レスも放っておけば500はゆうにたまり、このグループ見て!と言われて簡単に見れるものではない。

これを見れるのは暇人か深く関わっている人達ぐらいなものだろう。

PLATINUMを応援している人々の心を変えようとするなら、ある程度の秩序が必要に感じた。

公開NOAH勉強会グループの存在意義

公開NOAH勉強会グループは秩序を持ち、困っているノアホルダーを手取り足取り助けてくれる。

攻撃的な発言は良しとせず注意、BANされる。

公開グループのAdminは丁寧に受け答えしてくれるので、安心して会話できる為なければならない存在だ。

議論をする場ではなく、ノアホルダーのスタートラインに立つために必要な場なのである。

 

 後編へ続く

 

今日は時間がないのでここまでとします!

読んでくれてありがとね!

このブログはわっとが書いてます

Twitter登録してくれると嬉しいです。よろしくね

twitter.com

【NOAHP】BTCNEXTのアカウントロック!出金制限!そんな時【ノアコイン】

こんにちは! わっとです。

 

アカウントがロック(ログインできない)されてしまってNOAHP公式テレグラムにうったえても話を聞いてもらえないよ!

出金制限されてPLATINUMに仮想通貨を盗られた!

※PLATINUMは盗むなんて事したいと思って制限をかけているわけではありません。

 

そんなあなたの為の記事を用意しました。

何も悪い事していなければ、KYCやAMLを提出する事で解決します。

準備編

アカウントロックの解除はKYC、出金制限解除はKYCとAMLの書類を用意する

KYC必要書類の作り方

  • パスポートか運転免許証の写真
  • パスポートか運転免許証と自分が一緒に写った写真

以上2点を画像データで用意します。

 

AML必要書類の作り方

NOAHP公式テレグラムから必要書類の作り方が来ましたのでそのリンクを紹介します

docs.google.com

 

問い合わせ編

準備ができたら公式テレグラムのAdminに問い合わせ

NOAHP公式テレグラム

t.me

 

公式テレグラムに入ったらチャット欄でメッセージを送りましょう

「アカウントロックがかけられて困っています。メッセージをください」

「出金制限がかけられて困っています。メッセージください」

以上のようなメッセージで構いません。

 

Adminから連絡が来るのでプライベートメッセージでやり取りをします。

ここで気をつける必要があるのが、偽Adminです。

名前の横にadminもしくは管理人と書いてある事を確認してください。

公式テレグラムでAdminからメッセージをもらったら、そのAdminの画像をタップして吹き出しボタンを選ぶとメッセージがやり取りできるようになります。

f:id:watakemo:20191015182115j:plain

f:id:watakemo:20191015182109j:plain

ここではサブラさんを選んでます。

 

プライベートメッセージから先はどうしたら?

チャットを開いたら直接やり取りをします。

  • 要件(アカウントロックを解除したいor出金制限を解除したい)
  • 登録したID(メールアドレス)
  • 名前

※できれば英語のほうが伝わりやすいです。

 

相手からKYCやAMLの提示を求められるので、用意した書類を添付しましょう。

添付方法

チャット欄の右側にクリップのマークがあるので選びます。

f:id:watakemo:20191015183040j:plain

Fileを選びます。

f:id:watakemo:20191015183037j:plain

用意したデータを送信すればOKです。

 

これで資料を提出することが可能です。

 

上記により、Adminとのやり取りでアカウントロックや出金制限の解除ができます!

 

読んでくれてありがとね!

このブログはわっとが書いてます

Twitter登録してくれると嬉しいです。よろしくね

twitter.com