わっと@暗号通貨

暗号通貨(仮想通貨)や気になった事が書いてある

俺がノアコイン(仮想通貨の草コイン)を買う億万長者の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは、わっとです!

俺がなぜノアコインをこんなにも押しに押しまくっているか?

それは……億万長者になれるからだぁぁああああッ!!!!

かき集めた情報を以下にまとめたので、ぜひ読んでほしい

 

はじめに

ノアコインは、ICOの販売方法が既存の仮想通貨ファンやインフルエンサー達に嫌われるやり方だった事から、スキャムとまで呼ばれた通貨です。

 

セミナーによって生まれた信者や関係者によって買い支えられている現状(平成30年5月9日)ですが、調べるほどに壮絶なポテンシャルを秘めた通貨だということがわかります。

乗るしかない、このビッグウェーブに、いやノアの方舟に。

 

Noah Arc Coin(NOAH/ノアコイン)って?

NOAHCOIN Official

ボーダレスワールドの創造

Noah Arc Coin(NOAH/ノアコイン)は、フィリピンの非営利団体、ノアファウンデーション(以降NF)が開発している送金問題解決のための中央集権型決済サービスです。


ノアコインはイーサリアム (Ethereum)ベースのERC20トークンです。

イーサリアムトークンとは、イーサリアムが提供しているプラットフォームで開発された仮想通貨です。

 


基軸通貨における問題点

暗号通貨(仮想通貨)は、送金問題の解決手段として開発され、実際に寄付の手段として使われるようになりました。
中間搾取されずに直接相手に届く事ができるのは暗号通貨最大のメリットです。
ですが、ビットコインイーサリアムのような非中央集権型通貨は、相場が変動しやすく送金に適していません。
仮に送金で使った場合には、高値で買ったビットコインが、受け取って換金する際に10%相場が下がってしまったというような問題を引き起こします。


ノアコインの目指す姿

ノアコインは中央集権型通貨です。
中央集権型は相場のコントロールが容易で安定化させることができ、送金に適しています。もちろん、信頼するに値する企業努力を続ける必要はあります。
安心して使えるよう様々な企業と提携を重ねていきます。

ノアコインはOFW(出稼ぎフィリピン人)の送金問題解決と、口座を持たない人の為のクレジットカード決済の代替品を目指しています。

最終的には、世界通貨として使用されるようアジア全域にプロモーションをかけていきます。


中央集権型はなぜ相場のコントロールが容易なの?

多くの通貨をNFが保有する事で、相場が上がりすぎてしまった時は売却し、下がりすぎたら買い戻しという手段を取ることが可能になります。
ノアコインは、決済が実用化されると売買手数料として3.5%がNFに入ります。
継続的にNFにノアコインが入る事によって、その売却益を利用し、相場の安定化が可能になります。

 

具体例をあげると似たようなシステムでは、バイナンスコイン(BNB)があります。
BNBはバイナンスの中央集権型通貨です。
バイナンスとは、取引高で世界一を記録した事がある仮想通貨取引所です。
バイナンスで取引される仮想通貨は手数料がかかります。
その手数料の収益20%使ってバイナンスはBNBを買い戻します。
バイナンスで仮想通貨が取引されればされるほど、BNBの価値が高まっていきます。

 

このように管理者が相場を維持できることが中央集権型の強みとなります。

 

口座を持たない人の為のクレジットカード決済の代替品?

ノアコインは決済を担います

クレジットカードのように、気軽にお店で買い物したり、公共料金、学費、生命保険、等での支払いにも使えるようになります。

そもそも、クレジットカードがあるならそれを使えばいいのでは?

クレジットカードは、銀行口座を保有していないと持つことすらできません。
フィリピンでは、口座の保有わずか14%しかありません。
つまりフィリピン人はクレジットカードを使用することができないのです。
クレジットカードがなければ、ネットショップでオンライン決済ができなければ代引き手数料もかかりますし、お店で高い買い物するときも大金を持ち歩く必要がでてきます。
現金を持ち歩く事は、盗難や紛失のリスクが常につきまといます。
クレジットカードを持たないフィリピン人は危険にさらされているのです。

ノアアークウォレット(Noah Arc Wallet)

ノアコインの専用ウェブウォレット(Noah Arc Wallet)はスマホアプリで簡単に導入でき、対応しているお店で使用できるようになります。
もしスマートフォンを紛失しても、ウェブウォレットの場合は、IDとパスワードがなければノアコインまで紛失する事はありません。
他の端末でIDとパスワードを使用し、ノアコインを呼び出す事ができるからです。

近い将来、盗まれたスマートフォンは開く事すらできなくなります。

なぜならセキュリティが進化して指紋認証虹彩認証、顔認証などが今後実装されていくことが予測できるからです。

クレジットカードの代替品として使用できるように、NFはニッポンペイやSCI等と提携し、ノアコインのインフラを整えています。

 

これまでの中央集権型暗号通貨とノアコインの違い

ノアコインはフィリピン人の出稼ぎ労働者が送金に使用します。
今後日本で簡単に仮想通貨が買えるようになった時、ノアコインが送金手段として選ばれます。
理由としてあげられるのが、口座を必要としない、わずか数秒※で送金ができる、相場が安定している、送金を受けた側がすぐに決済に使える、この4点です。
*1

今までの通貨は、銀行口座が必要であったり(リップルXRP)、送金が早くても相場が不安定であったり(ネムNEM)、相場が安定してても取引所でしか使えない(テザーUSDT)など様々な問題がありました。
それを全て解決できるのが、ノアコインです。
NFはノアコインで収益をあげ続け、フィリピンのみならず世界中にインフラを整えます。
送金、決済を兼ね備えた口座を必要としない通貨、これほど実用的で便利な通貨は他にありません。
より一層便利な世の中になります。


ノアコイン(Noah Arc Coin)のものすごい3つの特徴

1.提携先が凄すぎる NIPPONPAY、SCIと提携

NIPPONPAY

NIPPONPAYは外国人観光客向けに決済端末を提供している企業です。
既に2017年6月の時点で200店舗導入済みで、ワタミにも導入されています。

日本経済新聞の朝刊にNIPPON PAY(ニッポンペイ)の記事が掲載されました!! | 株式会社NIPPON PAY(ニッポンペイ)

prtimes.jp

 

関西国際空港のある泉佐野市とも連携協定を締結しています。

www.atpress.ne.jp

決済端末全てでノアコインが購入できるようになったら、送金問題解決の悲願が達成されます。

 

NIPPONPAYはビットポイントジャパンと業務提携を結んでいます

www.atpress.ne.jp

ニッポンペイの端末で仮想通貨取引できるようにする気満々ですよね。

ポイントをチャージする感覚で仮想通貨を買う時代がすぐそこまで来ています。

 

私がノアコイン購入をしようと決めた最も強い理由がこのニッポンペイの存在でした!

クレカより利便性の高いノアコインであれば、日本でもより多くのお店に導入される事になると私は考えています!

 

SCI(SATOSHI CITADEL INDUSTRIES)

SCIはフィリピン最大のブロックチェーン企業です。

SCIには韓国の大手カカオトークが40%出資しています。

現在フィリピンのセブンイレブンで、SCIのサービス、Bitbitを利用してビットコインをチャージできます。

フィリピンのセブンイレブンでBitbitを利用してビットコインを買う方法 

bitpinas.com

コンビニで買えちゃうなんて羨ましいです!!!

日本は先進国かと思ったら、お金に関して言えばかなり発展途上です。

年配の方が多い、偽札がない、治安がいいという三拍子が整っているので、現金主義となっているそうです。

 

フィリピンのセブンイレブンでは、CoinsとBitbit(SCI)の他7つのサービスでビットコインの購入ができるようです。

今のところビットコイン購入を動画で撮影されているのはCoinsだけですが、雰囲気だけでもどうぞ。

www.youtube.com

 

ウェブウォレットであるARK WALLET(アークウォレット)は、SCIが開発をしています。

f:id:watakemo:20180506033608p:plain

ノアコインが実現できれば、出稼ぎ労働者のフィリピン人はアークウォレットを使用して、フィリピンの家族に簡単に送金できるようになります。

既にSCIが開発したビットコインのウェブウォレットは実用化され、決済に使用することもできます。

 

調べるほどSCIの凄さがわかります。 そんなSCIと提携しているって既に勝ったも同然ですよね。(何と戦っているんだ)

 

2.ノアシティ・リゾートでノアコイン割引、利便性の高さに需要高騰間違い無し!

Dakak Beach Resort in Philippines

ノアシティが完成すればノアコインがどのお店でも使えるようになるホライズン・マニラ地区の一部を構成する場所としてノアシティを計画しています。

ホライゾンマニラとの契約を正式に締結しています。

ノアリゾートも既にオープンしており、ノアシティがどのようなものになるのか早期の体験を得るためのツアーが予定されています。

 

ノアシティ・リゾートでノアコインを使用して買い物をすると、ペソで支払うより割安で購入することができるようになります。

また、ビットコインや他通貨で買い物をする際、ノアコインでのキャッシュバックが発生してノアコインを後押しするシステムが予定されています。

お金を持ち歩かなくていいばかりか、安く買い物ができて簡単決済!

しかもスマホを紛失してもお金のなくなる心配がないなんて……

夢のような世界ですよね、そこまで未来が近づいて来てるんです!

 

Revolution Precrafted社とノアシティ構想を共同で行うロビー・アントニオ

www.globalnewsasia.com

 

 3.OFW(フィリピン出稼ぎ労働者)年間送金総額3兆円

OFWを完全に網羅できれば年間3兆円ノアコインを送金に使う人がいる、つまりノアコインは年間3兆円購入される事になります。

その金額を紐解いていくと、送金に必要な相場が割り出されます。

送金問題を解決する為に最低限必要な価格

10年×3兆円÷336億枚(Noah Foundationリザーブ保持枚数)=892円

10年間OFWの送金年間総額3兆円でノアコインが購入し続けられたとして、フィリピンで換金されずに使われた場合、単純計算で1ノアコインあたり892円必要になります。

取引手数料から送金分のノアコインを確保して回す場合を想定した価格

1年間でお金はどの程度人の手を渡るかといえば、効率よく回せたら24回程度でしょうか。給料と買い物の1セットで12ヶ月といった感じです。

単純計算で3兆円が24回人の手を渡ると、手数料3.5%として約1.73兆円分ノアコインがNFの元に戻り、市場には1.27兆円分のノアコインが残る事になります。

こうなるとノアコインの供給が追いつかなくなり、インフレが起きます。

そして消費活動が活発になるに連れて均衡が保たれ、インフレは終わります。

インフレが終わると、安定した送金手段として確立することができるようになります。

その際、概算して安定し始めるのが5年後で1ノアコイン4500円前後と考えています!(わっとの概算なのであまり当てにしないでね♡)

 

実際にノアコインが使われるようになれば、892円は十分あり得る金額です。

1ノアコインが892円、それは割りと近い未来(2年後ぐらい?)かもしれません。

 

なぜノアコインが流行るのか?アリペイ流行から見るノアコイン

アリペイ流行の理由

アリペイとは、アリババ(Amazonのような中国版大手ネットショップ)が提供している決済サービスです。

 

1.偽札が氾濫している中、電子決済なので間違いがない

2.アリババ(ネットショップ)の支払いに使える

3.理財機能

 

中国でアリペイが流行した理由は以上の3点です。

アリペイは中国で爆発的普及を果たし、中国人の誰もが決済として利用しています。

それには、偽札の氾濫やアリババというネット通販が流行したのは当然の事として、もう1つ要因がありました。

少額からの投資ができるという点です。

アリペイには余額宝という理財機能がついています。

お金を預けておくだけで4%以上利子がつくという嬉しいサービスです。

しかもいつでも1元単位で換金できます。

お金が増えるとわかれば、使わざるを得ませんよね。

給料として得たお金をアリペイに入金し、余額宝に全額突っ込み、必要な分だけ換金して使うというスタイルが中国で一般化されました。

噂は広まり誰もがアリペイを利用するようになったのです。

ではノアコインは?

アリペイに類似する点がいくつも存在します。

スマホ決済、ネットショップ決済、そして理財、全て兼ね備えています。

バーコードを読み取るだけのスマホ決済は導入コストが安価に抑えられます。

ネットショップも、今では日本の家電量販店では有名所はどこでもビットコイン決済が可能です。

理財機能は言わずもがな、流行れば流行るほど仮想通貨は高騰します。

今後世界中に展開していくノアコインは、フィリピン国内で流行後も価値を上げ続けます。

価値が上がり、流行し、決済で使われるという好循環が生まれ、爆発的にフィリピンに普及することは、容易に想像がつきますよね。

 

 

ノアコイン(Noah Arc Coin)の概要

発行日 2017年11月
トークン名称 NOAH
トークン供給量 91,584,000,000NOAH
創業者 Pavel BainsNeeraj Murarka
公式サイト NOAH公式サイト
ホワイトペーパー NOAHホワイトペーパー(日本語)
主な提携先 NIPPONPAY、SCI

 

わっとの考えるノアコインの将来性

ここまでわかりやすく書いてるんだから、もうこの通りになるとしか考えていないよ……。

ノアコインは、アジア全域、中東(いきなり出てきたな)で流行して、現金やクレジットカードの代わりに使われるようになる。

日常の決済として使われるようになると、相場は1000円どころじゃないと考えているよ。

リップルも超えるんじゃないかなともね。

 

まだまだ書きたい事がいっぱいあるのですが、見切り発信です!!

どんどん追記していきます! よろしくぅ!

追記予定

中東、Revolution Precraftedとロビー・アントニオ、オーガニックオスメニア2020

 

 

わっとがオススメするNoah Arc Coin(NOAH/ノアコイン)購入方法 

今購入するならチェンジリーがオススメ!

日本の取引所で買った通貨なら何でもノアコインに変換できちゃう!

手数料は0.5%なので、50万円以下で購入するならHITBTCより安く両替できるよ

changelly.com

 チェンジリー登録(google+Twitter等で簡単ログイン)

ビットコインイーサリアム等指定、ノア受取り用イーサリアムアドレスを記入

QRを読み込んでビットフライヤーから送金
画面が切り換わったらOK!

 

保管は断然レジャーナノS!

マイイーサウォレット開いたらただ挿して番号打ち込むだけでウォレットが開けるのがめちゃくちゃ便利。初期設定だけは手間だけどね。

セキュリティー面でも安心!

マイイーサウォレットでのハッキング被害はまだまだ出ているんだ。

エアードロップしていない人も、不正ログインで知らないアドレスにいつの間にかエアードロップされていたなんて事もあるから、本当にレジャーナノSはオススメしたい。

購入先はこちら、正規代理店から買わないと安心できないから気をつけてほしい。 

hardwarewallet-japan.com

 えっ、わっとをツイッターに登録したいって?

ここまで読んでくれてサンキューな!

よかったらツイッターも登録してね

twitter.com

*1:※ウェブウォレットのメリットとして、ウェブウォレット同士であれば数字が移動するだけの処理で済むので取引所のように即座に反映されると筆者は考えています。専用ウォレットが公開されたら追記します。